ふるさと佐久


by newport8865
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

東京電力 南相木ダム 

帰省した折に、両親から最近完成した、日本一高い場所にある揚水式の発電用ロックフィルダムで、見物にちょうどいいから行ってみたらと言われて、家族ともども見学に行ってきた。

南相木村の最奥部の集落からさらに道をすすみ、これも最近できたという滝見温泉からさらに舗装道路の立派な林道を進むと、展望台とダム下の公園の別れ道がある。今回は展望台に向かった。南相木村と群馬県上野村との境で、20年前に日航機が墜落した御巣鷹山が望めるほどの場所だ。

道を上り詰めると石灰石や大理石が採石でき、鍾乳洞もあるという関東山地の白色の石灰石を利用した巨大なロックフィルダムが姿をあらわしてくる。ダムの突堤からは南相木村の谷を隔てて、八ヶ岳も西日の中に浮かんでいる。里から見上げるよりも高く見えるのが不思議だ。

このダムについては、wikipediaにも記事が載っており、揚水式発電所としては最大規模のものらしい。また、ダム湖の水は、水利権などの関係で、群馬県側の水を揚水して用いているというのも珍しい。

まだまだ完成したばかりで、ほとんど観光地化しておらず、連休の最中なのに訪れる人はまばらだった。
[PR]
by newport8865 | 2006-05-11 20:55 | 名所・旧跡 案内
以前の記事で書いたが、父が旧・佐久町方面の畑での表面採集で発見した人面土器の一部らしきものを今回の帰省で見せてもらったが、小学生が作成したような稚拙な顔に頭部は古墳時代の埴輪のような兜(帽子)をかぶっているように膨らんでいるものだった。

首から上の部分のみで高さが3センチほど、頭部の直径は2cmほどの小さい粘土製の頭部だ。

土器の破片や石器などが表面採集できる畑で採集したものとのことなのだが、後世のものではないかという疑いも捨てきれない。

このような表面採集の出土物などは、時代確定などの方法はあるものだろうか?
[PR]
by newport8865 | 2006-05-11 20:42 | 地誌

南佐久郡誌 中世編

久々の投稿。

5月の大型連休に帰省したおり、書棚を覗いたところ父が購入した「南佐久郡誌」(確か 中世編だったと思う)があり、ページを繰ってみると、目次には、このブログであれこれ書き連ねたような内容がよくまとめられて記載されているようだった。

「佐久」という地名の語源についても、ミシャクジ信仰との関係に言及されていたし、今井野菊女史の研究についても書かれていた。

非常に大部な書であり、さまざまな研究者の論考の寄せ集めのようだが、自分のような関心をもっているものにとっては相当有用であり、またここまでは研究が進んでいるのだということに気づき多少衝撃を受けた。
[PR]
by newport8865 | 2006-05-11 20:33 | 地誌
縄文早期の縄文人の人骨とその人骨を残した人々の生活遺跡が発見されたことで、国の史跡として指定された北相木村の栃原岩陰遺跡には、10数年まえ一度訪れたことがあったが、このブログで記事を書いている際に、その出土物などを中心として考古博物館が建設されたということを知り、ダム見物の途中に立ち寄ってみた。

村役場と中央公民館に併設されたものだが、鉄筋コンクリート造りの頑丈な建物。小規模ながら、最新の展示ツールなどを用いて、大変見栄えのする展示になっていた。人類の進化、レプリカながら縄文人骨とその顔面復元模型や生活道具(これは実物?)が展示されている。また、洞窟内で発見された多数の動物の骨、魚類、貝類が分類され展示されているのも面白い。多いのは鹿だが、中には、すでに絶滅してしまったニホンオオカミや、絶滅が危惧されているニホンカワウソの骨とされるものもあった。

人面の復元は、博物館の来館者記念帳にも記したのだが、細面で吊り目の一重まぶたでのっぺり形で、どうみてもいわゆる弥生人型の容貌に復元されていたのには違和感を覚えた。ただ、法医学の技術を用いた蓋然性の高い復元だとすると、いわゆる縄文人の容貌に関しての通説(彫が深く、二重まぶたで毛深い:南西諸島や北海道のネイティブの人々の容貌)に対しての異議申し立てになるのではなかろうか?と思った。

特筆すべきは、骨で作られ糸通しの穴の開けられた縫い針、釣り針、そして貝などを加工したアクセサリーの数々だ。縄文人は早期の時代でさえ、これだけの文化や技術を獲得していたということは、まさに驚異だった。

この見物後、ちょっとした山歩きのために、三滝山に向かった。子どもたちは初めてだが、自分は10年以上前の夏に訪れたことがあった。道路の整備は進んでいなかったが、駐車場は広く平らなものが作られていた。また参道も階段状に整備されていた。ただ、その段差が大きく、子どもやお年寄りには少々きついのではあるまいか?大禅の滝にはまだ雪(氷)が残っていた。小禅の滝を見物して下山。以前訪れたときと景色や順路まで違っていたように思う。三滝のひとつ浅間の滝は見ることができなかった。(なお、駐車場にタンポポが咲いていたので裏返してみたところ、セイヨウタンポポだった)

なお、連休中は初夏めいた晴天にめぐまれちょうど小海町から南北相木にかけては、桜の花が花盛りだった。ただ、鳥の姿や声は見聞きできたものの、アメンボや蜂、蝶以外の小動物類や魚類、爬虫類にはまったく出会えなかった。
[PR]
by newport8865 | 2006-05-11 20:07 | 名所・旧跡 案内